コートデュローヌ

旧世界

コートデュローヌ地方

ローマ時代に交通の要所として繁栄したヴィエンヌから、
14世紀にローマ法王庁が置かれたアヴィニョン近辺にかけて広がる産地。
北部と南部で異なるタイプのワインが生まれる面白い産地の一つ。

歴史
1309年 ローマ法王の「アヴィニョン捕囚」、
     法皇クレメンス5世がアヴィニョンに座所を定める。
1936年 シャトーグリエ、サンペレイ、タヴェルが最初のAOCを取得
1937年 エルミタージュ、クローズエルミタージュ、コートデュローヌと続く

ワイン生産量とブドウ品種
フランスAOCワインの産地としてボルドーに続き第2位を誇る

白ブドウ
・ヴィオニエViognier
・ルーサンヌRoussanne
・マルサンヌMarannne
・クレレットClairette

黒ブドウ
・シラーSyrah
・グルナッシュノワールGrenache Noir
・ムールヴェドルMourvedre
・サンソーCinsault

コートデュローヌ地方の主なレジョナルのAOC
・コートデュローヌ
 生産可能色は赤ロゼ白でコートデュローヌ地方全体のAOCのワイン生産量の約半分を占める。
・コートデュローヌヴィラージュ
 生産可能色は赤ロゼ白

セプタントリオナルとメリディオナル
コートデュローヌ地方の気候はローヌ渓谷から南の地中海に向かって吹く
乾燥した地方風ミストラルの恩恵を受けてカビ病などの発生が少ないのが特徴。

セプタントリオナル(北部地区)
穏やかな大陸性気候でローヌ川両岸の
狭く急勾配の斜面でブドウ栽培がおこなわれている。
赤ワインはシラーを主体としたエルミタージュとコートロティ。
白ワインはヴィオニエ100%でつくられるコンドリューとシャトーグリエが有名産地。

北部地区で認められている黒ブドウはシラーのみ。
シラー100%と定められているのはコルナスだけで、
コートロティーはシラー80%以上で補助品種としてヴィオニエの使用が可能です。
コンドリューとシャトーグリエはヴィオニエ100%でつくる白のみのAOCで
シャトーグリエはローヌ渓谷で最小のAOC。
北部で最も高名なAOCはエルミタージュで
その周囲に広がるクローズエルミタージュは北部地区最大のAOC。

主要AOC
・コートロティCote Rotie
・コンドリューCondrieu
・シャトーグリエChateau Grillet
・サンジョセフSaint Joseph
・エルミタージュHermitage
・クローズエルミタージュCrozes Hermitage
・コルナスCornas
・サンペレイSaint Peray

AOCタイプ赤品種白品種備考
コートロティシラー80%以上
ヴィオニエ20%未満
 タイプが赤で
ヴィオニエ100%はここだけ
コンドリュー ヴィオニエ100%ヴィオニエ100%はこの2つ
シャトーグリエ ヴィオニエ100% 
サンジョセフ赤白シラー90%以上マルサンヌ・
ルーサンヌ
 
エルミタージュ赤白シラー85%以上マルサンヌ・
ルーサンヌ
ヴァンドパイユを少量生産
クローズエルミタージュ赤白シラー85%以上マルサンヌ・
ルーサンヌ
北部最大のAOC
コルナスシラー100% シラー100%は
ここだけ
サンペレイ白泡白 マルサンヌ・
ルーサンヌ
 

上記のほか北部地区南東部のドローム右岸地帯では、クレマン ド ディーやクレレット ド ディーなどがありどちらもスパークリングワインが作られている。

メリディオナル(南部地区)
温暖な地中海性気候で北部と異なり開けた丘陵地帯にブドウ畑が広がる。
スペイン原産のグルナッシュを主体とした
シャトーヌフデュパプとタヴェルが有名産地。

南部地区は北部よりも土壌がタイプが複雑なため、
栽培されるブドウ品種も多く、
赤も白も複数の品種をアッサンブラージュして作られます。
最も有名なAOCは「法王の新しい城」シャトーヌフデュパプで
主要品種のグルナッシュを含む13品種の使用が認められている特殊なAOCです。
石灰質土壌からはアロマが豊かで爽やかな白、
南部の丸い小石を含んだ粘土質土壌からは豊満で丸みのある赤が生まれます。


主なブドウ品種

白ブドウ
・グルナッシュブランGrenache Blanc
・マルサンヌMarsanne
・ルーサンヌRoussanne
・クレレットClairette
・ブールブーランBourboulenc

黒ブドウ
・グルナッシュGrenache
・シラーSyrah
・ムールヴェドルMourvedre
・サンソーCinsault

メリディオナルの主要AOC
・グリニャン レ ザデマールGrignan les Adhemar
・ラストーRasteau
・ヴォンソーブルVinsobres
・ジゴダンスGigondas
・ボーム ド ヴニーズBeaumes de Venise
・シャトーヌフデュパプChateauneuf du Pape
・タヴェルTavel
・コスティエール ド ニームCostieres de Nimes

主要AOCの表まとめ

AOCタイプ赤品種白品種備考
グリニャン レ ザデマール赤ロゼ白グルナッシュ、
シラー
グルナッシュブラン、クレレット南部地区最北のAOC
ヴォンソーブルグルナッシュ、
シラー
 凝縮した熟成能力の高い赤ワイン
ジゴダンス赤ロゼグルナッシュ、
シラー
 赤は凝縮していてバランスがいい
ボーム ド ヴニーズグルナッシュ、
シラー
 2005年に単独AOCとして認定
シャトーヌフデュパプ赤白グルナッシュ、
シラーなど
グルナッシュブラン、クレレット黒白合わせて13品種が認可
タヴェルロゼグルナッシュ40%以上 ロゼのAOCで最も早く認定
コスティエール ド ニーム赤ロゼ白グルナッシュ、
シラー
グルナッシュブラン、マルサンヌ南部地区最南のAOC
ラストー赤VDNグルナッシュ VDNも生産

 

旧世界
あなたにオススメ
ソムリエ・sakediploma試験要点まとめ!
タイトルとURLをコピーしました