ボルドー

旧世界

ボルドー

「水のほとり」という古語がボルドーの語源とされている。
フランスのAOCの産地の最大面積を誇り、AOC法の制定を主導した産地でもある。

特徴
複数の品種をアッサンブラージュ(ブレンド)される。
シャトー所有のブドウ畑で収穫されたブドウを用いて醸造され、
瓶詰めまで一貫生産されたワインは
ミザン ブティユ オー シャトーMis en Bouteille au Chateauとラベル表記可能である。

※ブルゴーニュのようにAOC畑名はありません。
理由としては生産者の規模が大きい事があげられます。
地区によって生産者の格付けが制定されています。

歴史
1855年 パリ万博が開催される。ナポレオン3世の名で「メドック格付け」が実施される。
     同時期ウドンコ病、ベト病、フィロキセラの被害を受ける。
     偽ボルドーワインが横行する。
1935年 AOC法の制定

気候風土
北緯45度前後でメキシコ湾流(暖流)=ガルフ湾流の影響を受ける、海洋性気候。
年間日照時間は2000時間を超え、年間平均降雨量は900mmと雨も多く湿度も高い。

ワイン生産量540万hℓ(フランス内約11%程度)
栽培面積11万4600ha(AOCワインが約93%で赤がほぼ占める)

主要ブドウ品種
白ブドウ
・セミヨン
・ソーヴィニヨンブラン
・ミュスカデル

黒ブドウ
・カベルネソーヴィニヨン
・カベルネフラン
・メルロー
・マルベック
・プティヴェルド

ボルドー地方全体のレジョナルAOC
・ボルドーBordeaux  赤ロゼ辛口の白
・ボルドー スーペリュールBordeaux Superieur 赤半甘口の白
・ボルドー クラレBordeaux Clairet ロゼ
・クレマン ド ボルドーCremant de Bordeaux ロゼ辛口の白

あなたにオススメ

メドック地区

ジロンド川の左岸に位置する地区。
ガロンヌ川からの砂利、ドルドーニュ川の中央山塊地帯からもたらす粘土質土壌が混ざり合う。
下流に行くほどメルローに適した粘土質土壌の割合が増えるため、
AOCメドックでは上流のAOCオーメドックよりもメルローの栽培面積は広くなる。
ワインはカヴェルネソーヴィニヨンとメルローのアッサンブラージュでつくる赤ワインのみのAOCです。
メドック地区内に下流のメドックと上流のオーメドックの2つのAOCがあり、
オーメドックの方が上質なワインを生みだします。
メドックの格付け61シャトーのうち、
AOCペサックレオニャンのシャトーオーブリオンを除く60シャトーは
全てオーメドックの域内に位置する。
・メドックMedoc
・オー メドックHaut Medoc

あなたにオススメ

オーメドックのコミュナルAOC

・サンテステフSaint Estephe
・ポイヤックPauillac
・サンジュリアンSaint Julien
・マルゴーMargaux
・ムーリーMoulis
・リストラックListrac

メドックの格付け

第1級

シャトー・ラフィット・ロートシルトChateau Lafite-RothschildポイヤックPauillac
シャトー・マルゴーChateau MargauxマルゴーMargaux
シャトー・ラトゥールChateau LatourポイヤックPauillac
シャトー・オー・ブリオンChateau Haut-BrionグラーヴGraves
シャトー・ムートン・ロートシルトChateau Mouton-RothschildポイヤックPauillac

第2級

シャトー・ローザン・ゼグラChateau Rausan-SeglaマルゴーMargaux
シャトー・ローザン・ガシーChateau Rauzan-GassiesマルゴーMargaux
シャトー・レオヴィル・ラス・カーズChateau Leoville-Las Casesサン・ジュリアン
Saint-Julien
シャトー・レオヴィル・ポワフュレChateau Leoville-Poyferreサン・ジュリアン
Saint-Julien
シャトー・レオヴィル・バルトンChateau Leoville-Bartonサン・ジュリアン
Saint-Julien
シャトー・デュルフォール・ヴィヴァンChateau Durfort-VivensマルゴーMargaux
シャトー・グリュオ・ラローズChateau Gruaud-Laroseサン・ジュリアン
Saint-Julien
シャトー・ラスコンブChateau LascombesマルゴーMargaux
シャトー・ブラーヌ・カントナックChateau Brane-CantenacマルゴーMargaux
シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン
Chateau Pichon-Longueville Baron
ポイヤックPauillac
シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランドChateau Pichon-Longueville Comtesse de LalandeポイヤックPauillac
シャトー・デュクリュ・ボーカイユChateau Ducru-Beaucaillouサン・ジュリアン
Saint-Julien
シャトー・コス・デストゥーネルChateau Cos-d’Estournelサン・テステフ
Saint-Estephe
シャトー・モンローズChateau Montroseサン・テステフ
Saint-Estephe

第3級

シャトー・キルヴァンChateau KirwanマルゴーMargaux
シャトー・ディッサンChateau d’IssanマルゴーMargaux
シャトー・ラグランジュChateau Lagrangeサン・ジュリアン
Saint-Julien
シャトー・ランゴア バルトンChateau Langoa Bartonサン・ジュリアン
Saint-Julien
シャトー・ジスクールChateau GiscoursマルゴーMargaux
シャトー・マレスコ・サン・テクジュペリ
Chateau Malescot Saint-Exuperi
マルゴーMargaux
シャトー・ボイド・カントナックChateau Boyd-CantenacマルゴーMargaux
シャトー・カントナック・ブラウンChateau Cantenac-BrownマルゴーMargaux
シャトー・パルメChateau PalmerマルゴーMargaux
シャトー・ラ・ラギューヌChateau La LaguneリュドンLudon
シャトー・デミライユChateau DesmirailマルゴーMargaux
シャトー・カロン・セギュールChateau Calon-Segurサン・テステフ
Saint-Estephe
シャトー・フェリエールChateau FerriereマルゴーMargaux
シャトー・マルキ・ダレーム・ベッケー
Chateau Marquis d’Alesme-Becker
マルゴーMargaux

第4級

シャトー・サン・ピエールChateau Saint-Pierreサン・ジュリアン
Saint-Julien
シャトー・タルボChateau Talbotサン・ジュリアン
Saint-Julien
シャトー・ブラネール・デュクリュChateau Branaire-Ducruサン・ジュリアン
Saint-Julien
シャトー・デュアール・ミロン・ロートシルト
Chateau Duhart-Milon Rothschild
ポイヤック
Pauillac
シャトー・プージェChateau PougetマルゴーMargaux
シャトー・ラ・トゥール・カルネChateau La Tour-Carnetサン・ローラン
Saint-Laurent
シャトー・ラフォン・ロッシェChateau Lafon-Rochetサン・テステフ
Saint-Estephe
シャトー・ベイシュヴェルChateau Beychevelleサン・ジュリアン
Saint-Julien
シャトー・プリュレ・リシーヌChateau Prieure-LichineマルゴーMargaux
シャトー・マルキ・ド・テルムChateau Marquis de TermeマルゴーMargaux

第5級

シャトー・ポンテ・カネChateau Pontet-CanetポイヤックPauillac
シャトー・バタイイChateau BatailleyポイヤックPauillac
シャトー・オー・バタイイChateau Haut-BatailleyポイヤックPauillac
シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト
Chateau Grand-Puy-Lacoste
ポイヤックPauillac
シャトー・グラン・ピュイ・デュカス
Chateau Grand-Puy-Ducasse
ポイヤックPauillac
シャトー・ランシュ・バージュChateau Lynch-BagesポイヤックPauillac
シャトー・ランシュ・ムーサスChateau Lynch-MoussasポイヤックPauillac
シャトー・ドーザックChateau DauzacマルゴーMargaux
シャトー・ダルマイヤックChateau d’ArmailhacポイヤックPauillac
シャトー・デュ・テルトルChateau du TertreマルゴーMargaux
シャトー・オー・バージュ・リベラル
Chateau Haut-Bages-Liberal
ポイヤックPauillac
シャトー・ペデスクローChateau PedesclauxポイヤックPauillac
シャトー・ベルグラーヴChateau Belgraveサン・ローラン
Saint-Laurent
シャトー・ド・カマンザックChateau de Camensacサン・ローラン
Saint-Laurent
シャトー・コス・ラボリChateau Cos-Laboryサン・テステフ
Saint-Estephe
シャトー・クレール・ミロンChateau Clerc-Milonポイヤック
Pauillac
シャトー・クロワゼ・バージュChateau Croizet-BagesポイヤックPauillac
シャトー・カントメルルChateau CantemerleマコーMacau

グラーヴ地区

ガロンヌ川の左岸に位置する地区。
ガロンヌ川がピレネー山脈から運んできた砂利質土壌は水はけがよく、
日中の熱を蓄えるので、晩熟で温かい土壌を好むカベルネソーヴィニヨンを広く栽培しています。メルローとアッサンブラージュして作られ、半辛口から辛口の白ワインもつくられます。
3つのAOCを持つボルドー市の南の地区です。
グラーヴ地区で最も優れたワインを生むAOCのペサックレオニャンの生産可能色は赤と辛口の白ワインで、とても秀逸で1987年にAOCグラーヴから独立してできました。
グラーヴの格付けの16シャトーは全てペサックレオニャンです。
AOCグラーヴの生産可能色は赤と辛口の白で、
AOCグラーヴシュペリュールは貴腐または樹上乾燥により過熟した糖度の高いブドウから造る半甘口タイプです。

・ペサックレオニャンPessac Leognan
・グラーヴGraves
・グラーヴシュペリュールGraves Superieur

グラーヴの格付け

オー・ブリオンHaut BrionペサックPessac
パプ・クレマンPape ClementペサックPessac
ラ・ミッション・オー・ブリオンla Mission Haut BrionタランスTalence
ラ・トゥール・オー・ブリオンLatour Haut BrionタランスTalence
ラヴィル・オー・ブリオンLaville Haut BrionタランスTalence
クーアンCouhinsヴィルナーヴ・ドルノンVillenave-d’Ornon
オー・バイイHaut-BaillyレオニャンLeognan
カルボニューCarbonnieuxレオニャンLeognan

ドメーヌ・ド・シュヴァリエDomaine de ChevalierレオニャンLeognan

フューザルFieuzalレオニャンLeognan
マラルティック・ラグラヴィエール
Malartic-Lagraviere
レオニャンLeognan

オリヴィエOlivierレオニャンLeognan

スミス・オー・ラフィットSmith Haut LafiteマルティヤックMartillac
ラ・トゥール・マルティヤックla Tour MartillacマルティヤックMartillac

ブスコーBouscautカドージャックCadaujac

ソーテルヌ・バルサック地区

水温の低いシロン川がガロンヌ川へと合流する地点は霧が発生しやすく、
良質な貴腐ブドウが生まれます。
主なAOCはソーテルヌSauternesとバルサックBarsacの2つですが、
カーディヤック、ルーピアック、サンクロドゥモン、セロンの位置関係は試験対策には必須です。

ソーテルヌ・バルサックの格付け

特別1級

シャトー・ディケムChateau d’YquemソーテルヌSauternes

第1級

シャトー・ラ・トゥール・ブランシェChateau la Tour BlancheボンムBommes
シャトー・ラフォリィ・ペラゲChateau Lafaurie-PeyragueyボンムBommes
シャトー・クロ・オー・ペラゲChateau Clos Haut-PeyragueyボンムBommes
シャトー・ド・レイヌ・ヴィニョーChateau de Rayne VigneauボンムBommes
シャトー・シュデュイローChateau SuduirautプレニャックPreignac
シャトー・クーテChateau CoutetバルサックBarsac
シャトー・クリマンChateau ClimensバルサックBarsac
シャトー・ギローChateau GuiraudソーテルヌSauternes
シャトー・リューセックChateau RieussecファルグFargues
シャトー・ラボー・プロミスChateau Rabaud-PromisボンムBommes
シャトー・シガラ・ラボーChateau Sigalas RabaudボンムBommes

サンテミリオン地区

ドルドーニュ川の右岸に位置する地区。
粘土質土壌が堆積している。
大陸性気候の影響もあり、やや早熟なメルローが多く栽培されている。
世界遺産の街サンテミリオンの周辺に全て赤ワインのAOCが広がっていて、
メルローを中心としたふくよかで滑らかなワインがつくられます。
AOCサンテミリオンの北部にはサンテミリオン衛星地区と呼ばれるサンテミリオンの名を冠する4つのAOCがあります。

ポムロール地区

サンテミリオンの北西部に位置する小さな産地で、
ポムロールは赤ワインのみが認められています。
鉄の酸化物などのミネラル分を含んだ「クラス ド フェール」と呼ばれる土壌から、
個性的で官能的なワインが生まれます。
AOCポムロールは栽培面積が約800haと小規模ですが、
つくられるワインは非常に評価が高いです。
またAOCラランドポムロールは柔らかなワインを生みだします。
ボルドー地方の産地の中では注目を浴びたのが比較的遅く、
メドック、グラーヴ、サンテミリオンのような格付けはありませんが、
5大シャトーにも負けないほどの赤ワインを生みだしています。

アントゥドゥメール地区

「2つの海の間」を意味し、ガロンヌ川とドルドーニュ川に挟まれた地区。爽やかで辛口の白ワインがつくられる。

旧世界
あなたにオススメ
ソムリエ・sakediploma試験要点まとめ!
タイトルとURLをコピーしました