ニュージーランド

新世界

ニュージーランド

1819年にオーストラリアのシドニーから派遣されたサミュエルマースデン神父がニュージーランドの北島にブドウの苗を植えたことがニュージーランドワイン造りの始まりで、ニュージーランドの気候は「1日の中に四季がある」と例えられるくらいに昼夜の気温差があるのが特徴。

あなたにオススメ

 ニュージーランドのプロフィール

南緯35~45度、南北1600kmで北島と南島からなる国。
ソーヴィニヨンブランの有名な産地。
南島の北側にあるマールボロは収穫量が全体の76.6%を占める大産地。
99%のニュージーランドワインはスクリューキャップを採用している。

ニュージーランドの歴史

■1819年
 サミュエルマースデンがオーストラリアのシドニーからケリケリにブドウ樹を植えた

■1836年
 ジェームスバズビーがワイタンギからワインの生産を始める。
 彼はオーストラリアのブドウ栽培の父と呼ばれている。

■1970年前半
 ディレックミルネ博士がマーティンボロの気候がブルゴーニュに似ていてブドウ栽培に最適としたがマーティンボロは栽培面積が狭い事から断念し、博士が2番目に推奨したのは南島のマールボロだった。

■1982年
 リチャードスマート博士の指導によって「キャノピーマネジメント」が導入され、栽培技術が向上した。

あなたにオススメ

主要ワイン産地

⓵ノースランド
⓶オークランド
⓷ギズボーン
⓸ホークスベイ
⓹ワイララパ
⓺ネルソン
⓻マールボロ
⓼カンタベリー
⓽ワイタキヴァレーノースオタゴ
⓾セントラルオタゴ
Ⓐワイラウヴァレー
Ⓑサザンヴァレーズ
Ⓒアワテレヴァレー 

北島

■ノースランド
 1819年にケリケリにワイン用ブドウが初めて植えられた。
 1836年オーストラリアのブドウ栽培の父のジェームスバズビーによってワイタンギにブドウ畑が拓かれる

■オークランド
 大手ワインメーカーが点在するエリア。中心部からも気軽に行けるワイナリー巡りが人気

ギズボーン
 ニュージーランド最東端のワイン産地

■ホークスベイ
 北島№1、ニュージランド№2の栽培面積を誇る産地

■ワイララパ
 首都ウェリントンの北東。3つのサブリージョンが存在する。
 そのうちマーティンボロは良質なピノノワールで有名。

南島

マールボロ
 ニュージーランド№1のブドウ栽培面積を誇る産地。
 そのうちソーヴィニヨンブランが8割を占める。

■ネルソン
 ビールに使われるネルソンホップの重要な産地。

セントラルオタゴ
 南緯45度に位置する世界最南端のワイン産地の一つ。
 ピノノワールが7割を占め、半大陸性気候。
 独自イベントでセントラルオタゴ ピノノワール セレブレーション(COPNC)がを毎年開催している。

新世界
あなたにオススメ
ソムリエ・sakediploma試験要点まとめ!
タイトルとURLをコピーしました