中部イタリア

旧世界

中部イタリア

 

北イタリアに比べて土着品種がぞくぞくと出てくる中部イタリア。
キャンティやサッシカイアなどの銘醸地もあり抑えるべきポイントも多くあります。
ここを乗り越えればあとは南部イタリアを残すのみです。
あとひと踏ん張り頑張りましょう。

あなたにオススメ

トスカーナ州

トスカーナ州のプロフィール

ピエモンテに並ぶワインの銘醸地域。
州都はフィレンツェ。1865年から1870年はイタリア王国の首都として君臨。
ブドウ栽培とワイン造りを伝えたエルトリア人のがエルトリアがトスカーナの語源とされている。
14世紀15世紀に銀行業で富を蓄えたメディチ家をリーダーとしたルネッサンスの中心地。
1716年にトスカーナ大公のコジモ3世がキャンティ、ポミーノ、カルミニャーノ、ヴァルダルノディソプラの生産地を線引きした。これが原産地呼称制度の最初の例とされている。
1870年前後ベッティーノリカーゾリ男爵がキャンティの品種構成であるフォルムラを制定する。サンジョベーゼ70%、カナイオーロ20%、マルヴァジアデルキャンティ10%。
キャンティクラシコ地区の生産者達は1970年代に始まったイタリアワインルネッサンスを牽引し、ワイン法や規定のブレンド比率にこだわらない近代的な造り方を行い、その結果評価が高い「スーパータスカン」と呼ばれるワインを生みだす。

北はリグーリア州とエミリアロマーニャ州、東はマルケ州とウンブリア州、南はラツィオ州、西は地中海に接する。
内陸部の夏は暑く、冬は非常に寒い大陸性気候。海岸部は温暖で雨も少ない地中海性気候。

キャンティクラシコ、モンタルチーノ地区では
ガレストロと呼ばれる泥灰土が薄く何層にも重なった土壌。

トスカーナ州の主要ブドウ品種

白ブドウ
・ヴェルナッチャVernaccia
・マルヴァジア ビアンカMalvasia Bianca
・トレッビアーノTrebbiano

黒ブドウ
・サンジョベーゼSangiovese
・カナイオーロ ネーロCanaiolo Nero

トスカーナ州のDOCG

DOCGタイプ品種・備考
ヴェルナッチャ ディ サンジミンヤーノヴェルナッチャ
エルバ アレアティコ パッシート甘口の赤アレアティコ
ヴィーノ ノビレ ディ モンテプルチアーノプルニョーロジェンティーレ(サンジョベーゼ)
ブルネッロ ディ モンタルチーノブルネッロ(サンジョベーゼ)、木樽が2年以上
カルミニャーノサンジョベーゼ50%以上
キャンティサンジョベーゼ  ソットゾーナ(特別地域)は7つ
キャンティ クラシッコサンジョベーゼ  フィレンツェとシエナの間の丘陵地帯
スヴェレートサンジョベーセ、カベルネソーヴィニヨン、メルロー
ヴァル ディ コルニア ロッソサンジョベーセ、カベルネソーヴィニヨン、メルロー
モンテクッコ サンジョベーゼサンジョベーゼ
モッレリーノ ディ スカンサーノモッレリーノ(サンジョベーゼ)、州で最南。

トスカーナのDOP

DOPタイプ品種・備考
ボルゲリ赤白ロゼカベルネソーヴィニヨン
ボルゲリ サッシカイアカベルネソーヴィニヨン、スーパータスカンの先駆け
ポミーノ赤白赤:サンジョベーゼ、ピノネロ、メルロー
白:ピノグリージョ、シャルドネ
あなたにオススメ

ウンブリア州 

ウンブリア州のプロフィール 

イタリアの「緑の心臓」と言われ州土の70%を緑の丘陵地が占める。
イタリアの中央部に位置する州。州都はペルージャ。
東はマルケ州、北西はトスカーナ州、南はラツィオ州と接している。 海には接していない
地域により亜地中海性気候、亜大陸性気候。夏は乾燥して暑く、冬はかなり寒くなる。

ウンブリア州の主要ブドウ品種 

白ブドウ
・グレケットGrechetto
・プロカニコProcanico

黒ブドウ
・サンジョベーゼSangiovese
サグランティーノSagrantino
 ペルージャ県のモンテファルコ村の周辺のみで栽培されている。

 ウンブリア州のDOCG

DOCGタイプ品種
モンテファルコ サグランティノサグランティーノ
トルジャーノ ロッソ リゼルヴァサンジョベーゼ主体

ウンブリア州のDOP

DOPタイプ品種
モンテファルコ赤白サンジョベーゼ主体
トルジャーノ赤白ロゼ 
オルヴィエートグレケット(ラツィオ州にもまたがる)

マルケ州

マルケ州のプロフィール

土着品種のヴァルディッキオが有名。
赤ワインではモンテプルチアーノから作られるものが有名。
北はエミリアロマーニャ州、西はトスカーナ州とウンブリア州、南はアブルッツォ州とラツィオ州、東はアドリア海に接している。
アンコーナより北では亜大陸性気候、南では地中海性気候。夏の暑さからは海からの風によって和らげられる。

マルケ州の主要ブドウ品種

白ブドウ
・ヴェルディッキオVerdicchio
・ペコリーノPeccorino
・パッセリーナPasserina

黒ブドウ
・モンテプルチアーノMontepulciano
・サンジョベーゼSangiovese
・ヴェルナッチャネーラVernaccia Nera

 マルケ州のDOCG

DOCGタイプ品種・備考
カステッリ ディ イエージ ヴェルディッキオ リゼルヴァヴェルディッキオ主体
ヴェルディッキオ ディ マテリカ リゼルヴァヴェルディッキオ主体
ヴェルナッチャ ディ セッラペトローナ発泡の赤ヴェルナッチャネーラ主体
コーネロモンテプルチアーノ85%以上
オッフィーダ赤白赤:モンテプルチアーノ85%以上
白:ペコリーノ、パッセリーナ85%以上

コーネロは「アドリア海沿岸で最も優れた赤ワイン」と古代ローマ時代より知られている。

ラツィオ州

ラツィオ州のプロフィール

州都はローマ。ローマカトリックのの総本山のバチカンが存在する。
国内総生産ではロンバルディア州に次いで第2位の州。

北はトスカーナ州とウンブリア州、東はマルケ州とアブルッツォ州とモーリゼ州、南はカンパーニア州に接している。
気候は温暖で雨が少ない典型的な地中海性気候だが、アペニン山脈近くでは大陸性の涼しい気候。

ラツィオ州の主要ブドウ品種

白ブドウ
・マルヴァジア ビアンカ カンディナMalvasia Bianca di Candia
・ポッロ アッラ ロマーナPollo alla Romana
・コーダ アッラ ヴァッチナーラCoda alla Vaccinara
・トルタ ディ リコッタTorta di Ricotta

黒ブドウ
・チェサネーゼCesanese
・サンジョベーゼSangiovese
・モンテプルチアーノMontepulciano

ラツィオ州のDOCG

DOCGタイプ品種
カンネリーノ ディ フラスカティ甘口の白マルヴァジア、トレッビアーノ
フラスカティ スペリオーレマルヴァジア、トレッビアーノ
チェサネーゼ デル ピッリオチェサネーゼ90%以上

ラツィオ州のDOP

DOPタイプ品種・備考
カステッリ ロマーニ赤白ロゼ 
フラスカティマルヴァジア主体、詩人ゲーテも愛したとされるワイン
エスト!エスト!!エスト!!!プロカニコ、マルヴァジア、トレッビアーノ

 アブルッツォ州

 アブルッツォ州のプロフィール

長年にわたって質よりも量の生産を重視したブドウ栽培が行われてきたが
今は品質も向上している。

北はマルケ州、西はラツィオ州、南はモーリゼ州、東はアドリア海に接している。
夏は暑く乾燥していて、冬は温暖で雨が多い地中海性気候。
内陸部に入ると標高も上がり気候は冷涼になる。

 アブルッツォ州の主要ブドウ品種

白ブドウ
・トレッビアーノ ダブルッツェーゼTrebbiano d’Abruzzese
・トレッビアーノ トスカーノTrebbiano
・ペコリーノPecorino
・パッセリーナPasserina

黒ブドウ
・モンテプルチアーノMontepulciano

 アブルッツォ州のDOCG・DOP

DOCGタイプ品種
モンテプルチアーノ ダブルッツォ コッリーネ テラマーネモンテプルチアーノ
DOPタイプ品種
モンテプルチアーノ ダブルッツォモンテプルチアーノ
トレッビアーノ ダブルッツォトレッビアーノ
チェラスオーロ ダブルッツォロゼモンテプルチアーノ

モーリゼ州 

 モーリゼ州のプロフィール

1964年にアブルッツォ州から分離して作られた州。
亜大陸性気候で夏は暑く湿度が高く、冬は寒く雪が降る。
北はアブルッツォ州、西はラ ラツィオ州、南はカンパーニャ州とプーリア州、東はアドリア海に接している。

 モーリゼ州の主要ブドウ品種

白ブドウ
・トレッビアーノ トスカーノTrebbiano Toscano
・ボンビーノ ビアンコBombino Bianco
・ペコリーノPecorino
・パッセリーナPasserina

黒ブドウ
ティンティリアTintilia
・モンテプルチアーノMontepulciano
・サンジョベーゼSangiovese
アリアニコAglianico

 モーリゼ州のDOP

※DOCGは無し

DOPタイプ品種
ビフェルノ赤白ロゼ赤:モンテプルチアーノ
白:トレッビアーノ トスカーノ
ペントロ ディ イセルニア赤白ロゼ赤:モンテプルチアーノ
白:トレッビアーノ トスカーノ
ティンティリア デル モリーゼ赤ロゼティンティリア95%以上

 

旧世界
あなたにオススメ
ソムリエ・sakediploma試験要点まとめ!
タイトルとURLをコピーしました