ジュラ・サヴォワ

旧世界

ジュラ・サヴォワ地方

フランスのなかでも覚えやすい地域で合格率アップに向けての
加点には欠かせない範囲。
覚えるべきポイントにはマーキングしております。

ジュラ地方
フランス東部の、ジュラ山脈の西に位置する地方
ジュラ紀にこの地方に分布する地質にちなんで呼ばれています。
フランスのワイン産地としては面積最小で
AOCワインの面積栽培は2000ha程度です。
全耕作面積の約15%がビオロジックとしてつくられています。

ヴォンジョーヌやヴァン ド パイユといった個性的なワインが作られている。
生産比率は白ワインが72%と多く、赤ワインとロゼワインは28%です。

歴史
1936年アルボワ、シャトーシャロン、レトワール、コート ド ジュラの
4つのAOCが制定されました。

アルボワはルイパストゥールの出身地です。
覚えるべき!ルイパストゥールの詳細はこちら

気候風土
半大陸性気候で年間平均気温は11~13度
年間降水量は約1150mm
年間の日照時間は1700~1900時間

土壌は多様で、ジュラ紀の前期リアスの灰色泥炭岩が全体の60~65%を占めます。

主要ブドウ品種
白ブドウ
・サヴァニャンSavagnin(ナチュレNature)
 ヴァンジョーヌに使用される品種
・シャルドネChardonnay(ムロン ダルボワMelon d’Arbois)
 ジュラで最も多く栽培される品種。面積は約50%を占める

黒ブドウ
・プールサールPoulsard
 全耕作面積の20~25%を占める
・トゥルソーTrousseau
 晩熟なため適地が限られる品種
・ピノノワールPinot Noir
 石灰岩の小石の多い土地を好む

主要AOC
・シャトーシャロンChateau Chalon サヴァニャン100%
・レトワールL’Etoile
・コート ド ジュラCotes du Jura
・アルボワArbois  ジュラ地方の赤ワインの70%を占める
・アルボワ ピュピヤンArbois Pupillin
・クレマン ド ジュラCremant du Jura 発泡の白と発泡のロゼ
・マクヴァン ド ジュラMacvin du Jura VDLの赤ロゼ白

主要AOCの生産可能色分類

AOCロゼジューヌパイユ
シャトーシャロン    
レトワール  
コート ド ジュラ
アルボワ
アルボワ ピュピヤン

ヴァンジョーヌとヴァントパイユってなに?

 ヴァンジョーヌ(黄ワイン)ヴィンドパイユ(藁ワイン)
味わい辛口甘口
ブドウ品種完熟のサヴァニャン遅摘み、房選りのサヴァニャン、
シャルドネ、トゥルソー、プールサール
容器クラヴランClavelin(620mℓ)ポPots(375mℓ)
備考 コートデュローヌのエルミタージュでも生産

ヴァンジョーヌ
白ワインとして醸造され木樽につめられる。収穫翌年から6年目の12月まで(産膜酵母下で60ヶ月)熟成。ウイヤージュはしない。フルール デュ ヴァン(産膜酵母による皮膜)の下で酸化熟成が進み、ワインは徐々に黄色に変わる。出来たワインはクラブランと呼ばれる背の低い620mℓの瓶に詰められる。

ヴァンドパイユ
収穫後のブドウをスノコや藁の上で最低6週間乾燥(パスリヤージュPasserillage)させる。その過程で糖度が高まり、甘口がつくられる。発酵後木樽に詰め、2~5年熟成(うち18カ月以上は木樽)、圧搾から3年は販売不可。容器はポPots(375mℓ)。

サヴォワ地方
サヴォワ地方の東側にはアルプス山脈が位置し
冷涼な気候を反映し、白ワインが全体の70%を占めます。
年間平均降雨量は約1000mm、平均日照時間は約1600時間。

主要ブドウ
白ブドウ
・ジャケールJacquere
・アルテスAltesse(ルーセットRoussette)
・シャスラChasselas
・グランジェGringet

黒ブドウ
・モンデューズMondeuse
 ガメイ、ピノノワールなど…

主要AOC
・クレピーCrepy  シャスラからつくられる
・セイセルSeyssel アルテス100%でつくられる
・セイセル ムスー シャンパーニュ方式で9ヶ月以上熟成でつくられる

旧世界
あなたにオススメ
ソムリエ・sakediploma試験要点まとめ!
タイトルとURLをコピーしました