アルゼンチン

新世界

アルゼンチン

 

マルベックなどの色が濃く、果実の香りが豊かでタンニンが強いワインなどが造られる産地。
1970年代までは国内向けのテーブルワインをメインで造っていたが近年では国内外での評価が高まりつつある。

あなたにオススメ

アルゼンチンのプロフィール

スペインから持ち込まれたパロミナネグラは、カナリアス諸島ではリスタンプリエトと呼ばれ、アルゼンチンではクリオジャ、チリではパイス、北米ではミッションと呼ばれるようになった。

ブドウ畑は北のサルタ州から南のリオネグロ州まで2000kmにわたる。
毎年のように降る雹(ひょう)は多大な被害をもたらすので、アンチグラニソという防雹ネットを使用する。
太平洋側の寒冷風がチリ側からアンデス山脈に雨を降らし、乾燥した後にアルゼンチン側に吹く強風をゾンダと言う。

年間平均気温は14~18℃、年間降水量は150~400mm。
年間降水量が少ないため、アンデス山脈の雪解け水を灌漑に使用する。
灌漑方法には以下の2つがあげられる。
⓵水田のように用水路から水を引き込むフラッド灌漑
⓶チューブに穴をあけ水を滴下するドリップ灌漑がある。

また仕立て方法には
①従来の畑には大量生産に向く、パラール(棚仕立て)
②新しい畑にはコルドン、アルゼンチンではVSP(ヴァーティカル・シュート・ポジション)が採用されている。

主なブドウ品種

黒ブドウ
・マルベック
 アルゼンチンで最も栽培面積が多く世界一の栽培面積を誇る。
 原産地のフランス南西部でのカオールではコットというシノニムを持つ。
 アルゼンチンのマルベックのタンニン量は畑の海抜高度が上がるにつれて増加する。

・ボナルダ
 20世紀初めにイタリア移民から持ち込んだとされている。
 シノニムはシャルボノ、コルボー。

・クリオジャ
 チリではパイス、北米ではミッション、スペインではパロミナネグラ、カナリアス諸島ではリスタンプリエトと呼ばれる。

白ブドウ
・ペドロヒメネス
・トロンテス
 3種類の亜種が、トロンテスリオハーノとトロンテスサンファニーノはマスカットオブアレキサンドリアとクリオジャチカの自然交配で、トロンテスメンドシーノはマスカットオブアレキサンドリアと何かの交配。

アルゼンチンの原産地管理法

国立ブドウ栽培醸造研究所が統括している。1999年にワインとブドウ原料のスピリッツに関する法律が施行され、現在は2地区がDOC認定を受けている。

2005年 ルハン・デ・クージョ
2007年 サンラファエルが認定されている。

認定ルールは以下の通り
⓵使用ブドウは当該地域で収穫したヴィティスヴィニフェラ種
⓶産地、醸造、瓶詰め地は当該ちいきないでなければならない
⓷植樹密度、剪定法での栽培、規定単位当たりの収量と搾汁率を守り、最低アルコール度などの醸造上の規定規則を遵守することが求められ、分析値とボトリング数は報告義務がある。

あなたにオススメ

主要ワインの産地と特徴

ノルテ地方 北部

⑮サルタ州
⑯カタマルカ州
⑰トゥクマン州

クージョ地方 中央部

⑱ラリオハ州
⑲サンファン州
 メンドーサに次いで大きな面積。主要品種はボナルダ。
⑳メンドーサ州
 ブドウ栽培面積はアルゼンチン全体の約70%を占める。主要品種はマルベック。
 州都メンドーサは世界8大ワイン首都の一つ

パタゴニア地方 南部

 アルゼンチンの栽培地域の中で最南端地域。
㉑ネウケン州
㉒リオネグロ州

新世界
あなたにオススメ
ソムリエ・sakediploma試験要点まとめ!
タイトルとURLをコピーしました